舌下免疫療法

舌下免疫療法とは?

舌下免疫療法は、アレルギーの原因となるスギやダニのエキスを毎日少しずつ服用して、徐々に症状を改善する「減感作療法」と呼ばれる治療法の一つです。減感作療法はスギやダニが原因のアレルギーを唯一根治できる治療方法として期待されています。これまでは医療機関に通院して定期的に注射を繰り返す方法が行われていましたが、2014年より抗原のエキスを舌下に服用する「舌下免疫療法」が保険適用されました。

スギやダニなどのアレルギーの原因物質を舌下に毎日投与することで、身体を慣らして症状の改善をはかります。

舌下免疫療法の治療の流れ

現在、舌下免疫療法は、スギ、ダニのアレルギーにおこなうことが可能です。治療を開始するにあたり、血液検査でスギまたはダニのアレルギーがあることを確認します。治療開始直後は副作用が起こる可能性がありますので、当院では安全性に考慮して獨協医科大学埼玉医療センターまたは自治医科大学さいたま医療センターに紹介しています。紹介先の医療センターで安全を確認しながら治療を開始していただき、十分安全に治療がおこなえることが確認された段階で当院に治療を引き継ぎます。その後は当院で2~5年にわたり継続して薬を処方して、服用していただきます。また、治療を引き継いだ後も大学病院との連携を取りながら安全に治療をおこなっていきます。
スギ花粉の舌下免疫療法の場合、スギ花粉が飛んでる季節でも毎日治療をおこなっていきます。

舌下免疫療法の治療の注意点

副作用として、口腔内の腫れ、のどのかゆみ、耳のかゆみなどが確認されています。重篤な副作用として、呼吸困難や血圧の低下(アナフィラキシーショック)が知られていますが、発症する率は非常に低く、2万人に1人(0.005%)程度と言われています。
※当院では緊急時対応連携医療機関として獨協医科大学埼玉医療センターと自治医科大学さいたま医療センターを登録しております。

次の項目に該当する方は行うことができません
1,β-阻害薬を服用している方
2,   肺機能低下または喘息のコントロール不良の方
3,ステロイド薬を内服している方
4,抗がん剤治療中の方
5,妊娠している方(治療中に妊娠された場合には、治療の継続が可能です。)
6,   重症口腔アレルギー症候群の方
7,   急性感染症罹患中の方
8,   自己免疫疾患の合併、既往、濃厚な家族歴のある方
9,    継続的な通院が困難な方