めまい

めまいはどうして起こるの?

原因は大きく分けて、

  1. 平衡(バランス)感覚をつかさどる内耳機能の異常
  2. 体の情報を処理する脳の異常

の2つです。
不整脈など、一時的に脳血流が途絶える疾患も原因となることがあります。

めまいが起こる代表的な病気

めまいが起こった時に最も危険なのは脳の病気です。
手足のしびれや激しい頭痛を伴うめまいは、脳に原因がある可能性がありますので、すぐに脳外科などで検査を受けることが大切です。
くるくる回るめまいは内耳に原因がある可能性が高いと言われています。
聴力の低下を伴う場合には、突発性難聴のような後遺症を残す疾患の可能性もありますので、なるべく早く耳鼻科を受診してください。
また、めまいが原因で転倒や自動車事故などの重大な事故を起こすこともありますので、日常生活にも十分に注意してください。

治療方法

内耳などの耳鼻科領域の異常について細かく検査をします。また、症状改善のための薬を処方いたします。
聴力の変動によってめまいの重症度が分かる場合が多いので、聴力検査と眼振検査によって重症度を確認しながら薬を選択して治療を行っていきます。

良性発作性頭位めまいとは?

良性発作性頭位めまい症は、起床時の起き上がる動作などで急に頭を動かすと症状が起こります。
 ぐるぐる回るようなめまいが10秒~数10秒間続き、やがて症状は消失します。このめまいは、内耳の三半規管にある耳石という組織の異常で起こることが分かっています。

良性発作性頭位めまいの治療方法

急に頭を動かすとめまいが起こりますが、頭を動かし、めまいを繰り返すことで、少しずつ症状が改善していきます。
めまいがしても一生懸命動いている人は必ず改善していきます。毎日早朝、布団の上でNHKの「テレビ体操」を行って克服された方もいます。

良性発作性頭位めまいの注意事項

自転車や車、バイクの運転は控えてください。また、電車のホームの端など、転落の危険性のある場所はできる限り避けるようにしてください。
改善したと思っていても、急にめまいが起こり転倒することがあります。症状が出なくなった場合でも、耳鼻咽喉科を受診して治癒していることを確認して下さい。