耳垢/外耳道真珠種

外耳道の仕組みと耳垢

外耳道(耳の穴)の長さは約3.5cm。手前3分の1は軟骨で囲まれており奥の3分の2は骨で囲まれています。この奥の3分の2の部分はとてもデリケートで綿棒で触っただけで傷がついてしまいます。外耳道のヒフは鼓膜の表面で新しく作られて、時間がたつと徐々に手前に移動して,入り口付近で耳あかとなってはがれ落ちます。つまり耳アカとは、このはがれ落ちた表皮と外耳道から出た汗や油等の分泌物、外から入ったホコリなどが混ざり合った物なのです。
正常な耳では、外耳道に入ったゴミは耳アカに絡まり、入り口の方へと移動して最後は外に、はがれ落ちます。また、耳アカには殺菌作用があり、細菌や真菌(カビ)を育ちにくくしています。このように耳アカには耳を守る役目もあるのです。

耳掃除について

正常な耳では耳あかは自然に耳の穴の外にはがれ落ちるので、家庭では月に1度くらい耳の手前側を掃除すれば十分です。あまりひんぱんに耳掃除をすると、耳は刺激から守るために耳あかの産生量を増やします。掃除のしすぎに気をつけましょう。家庭で取りきれない場合には耳鼻咽喉科で耳あかを取ることが出来ます。
耳鼻科での耳掃除の目安は6ヶ月に1度です。

外耳道真珠について

外耳道真珠腫は外耳道の皮膚の中に耳垢が出来てしまった状態をいいます。皮膚の中ででき始めた耳垢は、自然に表に出ることはありません。

そのため、耳の壁から骨の方を破壊しながら外耳道をえぐるようにして大きくなっていきます。自分で取ろうとすると、耳の中に傷がつき、出血したり、痛みが出ることがあります。

外耳道真珠の治療

顕微鏡を使用して食い込んだ耳垢を丁寧に取り除いていきます。その後、薬を付けた人工皮膚を貼って、乾かないように上から軟膏で保護をします。
月に一度、人工皮膚を取り除いて、新たにできた耳垢(真珠腫)を取り除いて、再び人工皮膚をかぶせます。これを繰り返すことによって徐々にえぐれた皮膚がもとに戻るようになってきます。
2回目以降の治療は、一回10分~15分かかります。(火曜日の午前中に予約制で行っています。)
放置すると耳垢が大きくなり症状が悪化します、必ず指示された受診頻度を守るようにしてください。